■プロフィール

Zeku

Author:Zeku
ブログへようこそ!
長野市若槻団地に自転車店を
オープンして7年目となります。
皆さんの信頼を頂けるよう
日々精進!

住所:長野市若槻団地1-176
TEL:026-259-5752
営業時間:9:00~19:00
     11:00~19:00(土・日)
定休日 :水曜日・祝日

■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■QRコード

QR

ALL NEW TCR
私としたことが、ご紹介したと思っていただけで、紹介していませんでした。
ちょっと時間が経ってしまいましたが、、、

GIANTのオールラウンドロード TCR 2021 が4月に発表されました。→(コチラ
2021 TCR だけのカタログが沢山有りますので、ご興味のある方は差し上げられますよ。
P6300012.jpg
毎年9月に来期モデルの発表なのですが、どうして4月なんでしょう?
まぁいっか。


横からの写真ではどこが変わったのか良く分からないですが、実際はフレーム断面形状が全然違ってます。

特にダウンチューブ。
2020 TCRは四角い感じ。
P6300002.jpg

2021 TCRはエプロンみたいな感じ。
P6270016.jpg

その辺りの詳しい記事は→(コチラ) 日本語にして読んでね。


ちなみにGIANTで展開している女性用ブランドのLiv 。
女性版TCRのLANGMAのダウンチューブはどうなっているかと言うと、シャープでホームベースみたいな感じ。
P4150035_20200630193214bdf.jpg
TCRのスケールダウンで女性版を作っているのかと思っていたら、こっちはこっちで専用設計でビックリ。

良いモノづくりしてますよ、GIANTさんは。







パーツ類 | 19:51:46 | コメント(0)
試して探して
タイヤの性格はメーカーによって色々ですよね。
色んなタイヤを取っ替え引っ変えして、自分好みのモノを見つけて下さい。

また、初心者ほどグリップの良いちょっといいタイヤを使って欲しいところです。

P6190213.jpg

最近注目なのはこちらの “ウルフパック” です。
大手タイヤメーカーのコンパウンドを開発してきた人が、自分のブランドを立ち上げたドイツの新興タイヤブランドです。
P6190212.jpg
シクロワイワードさんの記事→(コチラ


弊店では、タイヤを店頭に出していません。
紫外線による劣化と酸化を、なるべく防ぐために奥に仕舞ってあるので、お気軽にお尋ね下さいね。




パーツ類 | 19:57:49 | コメント(0)
教えたくなる名前
ヘッドパーツやボトムブラケット、ハブなど回転系パーツで「ココの付けときゃ間違いない!」ブランドと言えば、、、
CHRIS KING(クリスキング)ですが、信頼性や耐久性ばかりではなく、色とそのネーミングもイカしてます。

コチラの色はマットオレンジではなく “マットマンゴー”
オレンジばかりに脚光を浴びさせないネーミングセンス!
P5310048.jpg

コチラも更にイカしてます。
マットブラウンではなく “マットバーボン”
スコッチじゃなくてバーボン!
P6090121.jpg

ワイルドだねぇ
P6090120.jpg





パーツ類 | 12:37:58 | コメント(0)
良かったらどうぞ!
ESCAPE R DISC 有るよ。

GIANTさんの自転車を紹介するのだったら、つい先日発表された新型TCR→(コチラ)が定石ってものでしょうが、世の中こんな状況なので通勤通学に定番のクロスバイクESCAPE Rの、更に最強のディスクブレーキモデルESCAPE R DISC→(コチラ)のご紹介です。

実は、既にジャイアントジャパンさんの倉庫には、このESCAPE R DISCどの色どのサイズも在庫無しのうえ、今後日本への入荷も無しなのです。
P4120090.jpg

ブラックトーン XS
P4120091.jpg

マットイエローのSサイズも有りますよ。

良かったらどうぞ!




パーツ類 | 15:47:44 | コメント(0)
クロスバイクの紹介
クロスバイクの定番とか最強のクロスバイクとか言われてますGIANT ESCAPE R3ですが、GIANTにはもう一つ最強のクロスバイクが有ります。 GRAVIER(グラビエ)ってヤツです。

↓↓↓GIANTさんの紹介文(引用文)↓↓↓
春からの新生活をもっとアクティブに楽しみたいなら、クロスバイクをはじめてみませんか?
通勤や通学に使用するなら、スポーツ性能と快適性を両立したクロスバイクがおすすめ。毎日は難しくても、週に何度かを続けることで、身体は確実に変化します。
また、朝の運動は一日をエネルギッシュに過ごすためのスイッチをオンにしてくれますので、午前中から活動的に過ごすことができます!
週末に気になるスポットを探検してみたり、サイクリングロードで少し遠出してみるのも、楽しいです。
「GRAVIER」は、太いタイヤの安定性と軽い走りが特長で、豊富なクロスバイクラインナップの中でも人気の1台です。
毎日使いたい方は、雨天でも制動力が変わらず、軽いタッチでしっかり止まる、油圧ディスクブレーキ仕様の「GRAVIER DISC」がおすすめです。

GRAVIER DISC→コレコレ


組み立てましたよ。
P2040012.jpg
DISC仕様でまさに最強! ドロップハンドルにしてグラベルロードにしても良いかも。


もちろん気持ちを込めて組み立てましたよ。
例えば、油圧ブレーキでもホースの長さは適正にしたり。
長いよね
P2030006.jpg

P2030007.jpg

適正長さにすると、さらにカッコイイ!
P2030011.jpg

P2030009.jpg

もちろん変速ワイヤーも適正にね。
P2040017.jpg

P2040016.jpg


エンドを留めてるネジが少し長くてホイールに干渉する?
P2030001.jpg

長いよね
P2030002.jpg

悩んでないで平らにすればイイのよ。
P2030004.jpg

ココが当たってそうな当たってなさそうな?
P2040020.jpg


純正スタンドはボルトオンでスッキリ付くよ。
P2040033.jpg


純正フェンダーはDISCには付かない事になってるけど、、
コレね↓
P2040026.jpg

なるほどね、DISC車は後ろのダボ位置が違うのね。
P2040024.jpg

擦っちゃてタイヤも回らない。
P2040025.jpg

なら、プレート作っちゃえばイイのよ。
P2040031.jpg

ほらね
P2040027.jpg

フロントはステーをちょっと持ち上げると
P2040035.jpg

ブレーキキャリパーに当たらない。
P2040036.jpg

さすが純正品の方が、前も後ろもキレイに納まるね。
P2040029.jpg


フル装備してもカッコイイね!




パーツ類 | 19:00:00 | コメント(0)
次のページ