■プロフィール

Zeku

Author:Zeku
ブログへようこそ!
長野市若槻団地に自転車店を
オープンして6年目となります。
皆さんの笑顔を頂けるよう
日々精進!

住所:長野市若槻団地1-176
TEL:026-259-5752
営業時間:9:00~19:00
     11:00~19:00(土・日)
定休日 :水曜日・祝日

■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■QRコード

QR

MTBのOH
バラバラ~
P4120083.jpg

からの

ピッカピカ~
P4160117.jpg

今年の岩岳はいつごろOPENですかねぇ



OH(オーバーホール) | 19:08:21 | コメント(0)
ハブのOH
リヤハブのOH(オーバーホール)を承りました。

当初、ハブ交換をご希望でした。
経緯をお聞きしたところ、
「半年も経過しないうちに回転がゴリゴリする様になった。
なので、そっくり止水性能の高いハブに交換したい」 との事でした。
ご予算の範囲では、満足いくものが提案できなかったので、
フリーの内部も含め、全てのベアリングを打ち換えとなりました。


では、取り掛かります。
ありとあらゆるハブの内部構造図が全て公開されているわけではないので、
ベアリングを抜くのも ”良く観察” から始まります。

今回のハブもネット通販店オリジナル?品でしたので、構造図は非公開でした。

基本 ”叩き出し” で抜きますので、
順番と工具選定を間違えるとぶっ壊してしまいます。

抜けました。
P0012278.jpg

P0012271.jpg

フリー内も含めて、4コのベアリング。
P0012273.jpg

新しく打ち替えるベアリング。
P0012275.jpg

新しいベアリングは両面接触型で止水性能をとります。
だとしても、シールはめくってグリスでも止水性能をアップさせます。
P1070082.jpg

外部に面する側はこんなグリスを入れます。
P1070084.jpg

内部側にはこんなグリス。
P1070086.jpg
球の動くところは混ざり合う、なんて想像して。



OH(オーバーホール) | 18:04:10 | コメント(0)
デュアルコントロールレバーのOH
シマノのデュアルコントロールレバー(ST-7700-c)のオーバーホールを承りました。

オーナーさん曰く
「洗浄してみたものの、巻き取り解除レバーの動作がおかしい」とのことです。
PC030001_201812131707254e6.jpg

PC030005_201812131707400c7.jpg


昔の製品だと、内部のグリスが固まって動かなくなってしまう事例が多いです。
そんな時は古いグリスを洗浄すれば、大抵動いてくれるのですが、、、
今回は洗浄しても動作がおかしいので、オーバーホールとなりました。

こんな感じで出来ていますが、もう少し細かく分解します。
PC130034.jpg

PC030007.jpg

PC130021.jpg

PC130023.jpg

1度は細かく洗浄して組み立てましたが、やっぱり動きがおかしいです。
PC130026.jpg

よ~く、よ~く部品を観察。
原因はココですね。
PC130035.jpg
解除レバーの掛かる所が、摩耗しています。

試しにジャンク品からそこの部品を流用して2コ1にしたら、ちゃんと動きます。
なので、もう一度分解・洗浄してカッチリ動くようにして完了です!
PC130032.jpg
直って良かった。



-----お知らせ-----
明日 14日(金曜日)は 13:00 からの開店となります。
ご迷惑をお掛けする方もいらっしゃるかと思いますが、宜しくお願いいたします。



OH(オーバーホール) | 17:41:57 | コメント(0)
何かを思い出すのだが??
ロードバイクのオーバーホールのお仕事を頂きました。
「来週のロードレースに良い状態のマシンで臨みたい」と
嬉しいお言葉を頂いたので、タイトな納期でしたが
喜んでお引き受けいたしました。
P4080045.jpg

きっちりベストな状態に!
P4060021_201804091850007dd.jpg P4060034.jpg
P4060040.jpg P4080088.jpg
P4080074.jpg P4080082.jpg
P4080067.jpg P4080065.jpg



今回のキモはコレです。
ドイツのワイヤーメーカー ”ノコン” の
ワイヤーシステム。
P4090089.jpg P4090090.jpg

実はこのバイク、1枚目の写真で分かると思いますが
置いた状態で自然にステアリングが右に切れようとします。
これは、ヘッドチューブから内装されるリヤのブレーキワイヤーに押されてこうなってしまうのです。
P4080054.jpg

乗車時に ”危険” なレベルではないですが、
精神衛生上は???な感じです。

もちろん、組立てたときには
”極力反力がかからない” と
”ステアリングの切れ角” の妥協点を探すため
何回も長さを調整しました。
ですが、反力を0にはできず、
アウターワイヤーも1年半でこんな状態です。
P4080055.jpg P4080056.jpg


シマノなど一般的なブレーキアウターワイヤーは、
柔らかめのインナーチューブの回りを螺旋状に金属が巻いてあります。
螺旋状の金属なので、自由に曲がりますが元の形状に戻ろうとします。
これが反力となります。
P4100018.jpg
ハンドルから出たワイヤーの
フレームに入るところの角度が
キツく(ワイヤーが長く)なればなるほど
元の形状に戻ろうとする力(反力)が強くなります。



そこで今回、オーナーさんご自身からのご提案で
”ノコン” のワイヤーシステムを採用する事になりました。
”ノコン” は一般的なものと構造が全く違って
しっかりした樹脂インナーチューブに
アルミのピース(ビーズ)を通して
必要な長さを組立てます。

樹脂インナーチューブだけの元に戻ろうとする力なので期待が持てます。
P4090093.jpg P4090091.jpg

ビーズの進行方向を変えるパーツやら
2種類のエンドパーツやら
長さ調整のこまかいパーツ。
P4090092.jpg

ちっさい小人みたいなビーズ。
P4090095.jpg
さらにちっさい小人なビーズ。
P4090094.jpg

可動摩擦と音鳴りを軽減するために
一つ一つグリスを塗ります。
P4090096.jpg P4090098.jpg

適正長さの調整はもちろんですが、
より可動角度を求められる場所には
”さらにちっさい小人さん” を配置します。
P4090103.jpg P4090104.jpg
P4090105.jpg

さりげなく ”ロゴ” を入れたりして。
P4090106.jpg P4090107.jpg


全部できました!

”ノコン” もバッチリです。
トンッ と置いてもステアリングが右に切れようとしませんよ~。

サドルとバーテープ、
ジキルとハイドみたいで ”カッコイイ” です。
イカツイ っすね!
P4090109.jpg P4090123.jpg

週末の ”レース” 楽しんできて下さい!
そして、ご無事で帰ってきて土産話聞かせて下さい。





20180409205519e82.jpeg

OH(オーバーホール) | 10:07:05 | コメント(0)
あと何回春を迎えられるかな? 50回は無理だろうな。
「冬の乗れない時期にオーバーホール(OH)して
春、乗れるようになったら気持ちよくスタートしたい」
方たちのバイクを触らせて頂いておりますが、
弊店から嫁いでいったバイクや
OHリピーターのバイクを触っていますと、
「歴史が築かれていってるんだな~」などと
感慨深いものがあります。

PC070049.jpg PC070043.jpg
PC070062.jpg PC070074.jpg
PC090079.jpg


P1230082.jpg P1250118.jpg
P1260153.jpg P1250138.jpg
P1280171.jpg


P2230102.jpg P2230093.jpg
P2250136.jpg P2230086.jpg
P2270155.jpg

相変わらず
こういう事も承ってもいます。
P2220073.jpg P2250124.jpg


何年経っても、
何歳になっても、
喜びと反省の繰り返し。
毎日が勉強です!

OH(オーバーホール) | 15:57:34 | コメント(0)
次のページ